地勢・概要

村花:山つつじ

村花:山つつじ

奈良県の北東端に位置する山添村は、いわゆる大和高原と呼ばれる地域の一角で、東部は三重県伊賀市及び名張市、北部及び西部は奈良市、南部は宇陀市に隣接しています。地勢は概ね西部が高く標高620~120mで、起伏とゆるやかな傾斜地が多い隆起準平原となっています。

山添村の村歌はこちら (ページが遷移して村歌が流れます)

 

奈良県地図

アクセス
 東端  西端  南端  北端
 位置  東経136°05′  東経135°57′  北緯34°37′  北緯34°42′
人口 4,345人 平成22年4月1日現在
面積 66.52㎢
長さ 東西12.12km 南北9.20km
最高気温 34.1℃ 平成16年度(7月)
最低気温 -3.5℃ 平成16年度(2月)
平均気温 14.2℃ 平成16年度
年間降水量 1588.0mm 平成16年度

66.52k㎡の面積のうち、約80%が山林であり、山あいから発した流れは木津川に注いでいます。それに沿って集落と農地が点在し、農林業を主産業としながら発展してきた農山村です。気候は内陸性気候に属し、夏季でも夜間は涼しく、冬季は3㎝~5㎝程度の積雪が見られますが平均して少なく、全般的にしのぎやすい気候風土に恵まれています。