マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意ください!

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得などの詐欺が発生しています。

事例1
「マイナンバー制度の導入に伴い、個人情報を調査中である」と言って、女性が訪問し、資産や保険の契約状況などを聞かれた。本当に行政機関がそのような調査をしているのか。(60歳代 女性)

事例2
若い男性から「マイナンバーが順次届いており、みんな手続きをしているが、あなたは手続きしたか」との電話があった。「まだしていない」と答えると、「早くしないと刑事問題になるかもしれない」などと言われ、不審に思った。(70歳代 男性)

※参照:独立行政法人国民生活センター 「見守り新鮮情報 第235号改定特別号(平成27年11月18日発行)」より

マイナンバーの通知や利用手続き等で、国や自治体などから家族構成や所得、年金及び保険情報、口座番号や暗証番号などを聞くことや、お金やキャッシュカード、ATMの操作を要求したりすることは一切ありません!!
次のことには、特に注意してください。

不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても断る。
マイナンバーの関連であることをかたったメールは、送信者に覚えがない場合は安易に開封しない。
マイナンバーの安全管理対応の難しさを過度に誇張した商品販売や勧誘などには十分注意する。
万が一、金銭を要求されても決して支払わない。
「なりすまし」郵便物に注意する。
(配達員が代金を請求したり、口座番号などの情報を聞いたりすることはありません。また、個人番号カードの交付申請書に口座番号などを記載することもありません。)
名前やマイナンバーを貸してほしいといった依頼は詐欺の手口なので、安易に答えない。

問い合わせ

「通知カード」「個人番号カード」に関する事や、その他マイナンバー制度の問い合わせは
マイナンバー総合フリーダイヤル  0120-95-0178

◇通知カード、個人番号カードに関すること・・・住民課
◇マイナンバー制度に関すること・・・・・・・・総務課