食育通信「“茶んと”のつぶやき」Vol.5 【6月①】

毎日“ちゃんと”の積み重ねでこころもからだも元気!

6月は「食育月間」です。大切な家族や友人と食卓をかこむ時間を楽しんだり、 旬の食材や我が家の味に舌鼓を打ったり、からだのことを考えて食養生したり、 毎日おいしいごはんが食べられることに感謝して「今日のごはんはおいしいね!」 って伝えてみたり、ほんの少しだけ、食とつながる健康づくりについて興味を広げてみませんか。 みなさんの食卓に、笑顔あふれる楽しい時間が訪れますように。食育ポスター                                    

毎月11日は「おはしの日」

今月のおはしの使い方はつまむ」をマスターしましょう。 「つまむ」動作は箸の先をぴったりとそろえられるようになることが重要です。 米粒やコロコロお豆、小さなおじゃこもうまくつまんで、こぼさないで口へはこべるように、正しいおはしの持ち方を習得しましょう。 つまむ★

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングには、スポンジやティッシュを
丸めたものなど、やわらかくてつまみやすい
ものを用いるのがおすすめです。スポンジ

おはしの選び方

おはしは手の代わりとなる大切な道具です。 素材・長さ・太さ・箸先の形などさまざまなものがあります。毎日口にするものだから、手に馴染みのよいもの、安心して使えるものを選びましょう。 特に、子どもには、成長に合わせたサイズを選ぶように配慮して欲しいですね。

★手のサイズにあったもの おはしのサイズ選び

 

 

 

 

 

 

 

 

★手に馴染みやすい木や竹製で、天然塗料で加工されたものが安全

★はし先に滑り止めがついているもの

★特別なしつけ箸でなくても、家族みんなが使用している普通のおはしが一番。
しつけ箸を使用する場合、おはしを持って食べることに慣れてきたら、普通の
おはしにかえてあげましょう。

★握力が弱い高齢者や手が不自由な方には、ユニバーサルデザインのおはしがおすすめです。

お気に入りの「おはし」があれば、毎日の食卓をもっと楽しく彩ってくれることと思いますよ! ぜひ、お箸の選び方にも興味をもってみてくださいね! 

 

食をたのしむ催しのお知らせ
『マイオリジナルお箸づくり』参加者募集!

お箸の老舗メーカー『兵左衛門』の樽谷賢二氏を講師にお招きして、
お箸にまつわるお話やお箸づくりについて教えていただきます。
世界に一膳だけのお気に入りのマイお箸をつくってみませんか!マイお箸づくり

 

 

 

 

 

 

 

 

日 時  平成27年6月28日(日)
     午後1時30分~午後4時
場 所  東山公民館 大会議室
対 象  村内の方ならどなたでも
     *保育園児以下のお子さんは保護者同伴で
定 員  30名
参加費  1,080円(教材費)
申し込み締め切り 6月25日(木)
         東山公民館 TEL 86-0001

***こちらの教室は終了しました。***

 

 

お問い合わせ
保健福祉課(保健福祉センター内)
電話:0743-85-0045
FAX:0743-85-0820
メール:yama_kaigo@vill.yamazoe.nara.jp