村議会とは

村議会の役割

山添村をよりよい村にするためには、村民の皆さんが意見を出し合い、皆さんの力でむらづくり進めていくことが大切です。しかし、村民の皆さんが一堂に集まり協議していくことはできません。そこで、選挙をして皆さんが望んでいるむらづくりを実現してくれる代表者を選び、その代表者に村政の運営を委ねています。この代表者が、村議会議員と村長です。
村議会議員は村議会を構成し、予算や条例などを審議して決定し、村政の方向を決めていく役割を担っています。また、村長は村議会で決定した予算や条例により、村政を進めていく役割を担っています。
議決機関である村議会と執行機関である村長は、対等な立場に立ち、相互の均衡と調和を保って、よりよいむらづくりを進めています。

村議会議員

村議会議員は、4年毎の選挙で村民の皆さんによって選ばれます。村内に住んでいる満25歳以上の選挙権のある方であれば、どなたでも立候補できます。
本村の議会議員の定数は、条例により10人と定めています。

議長、副議長

議長と副議長は、議員の中から選挙によって選びます。
議長は、議会の代表者であり、会議を円滑に進める役割を持つほか、議場の秩序を保ち、議事を整理し、議会の事務を処理する権限などが与えられており、大変重要な立場にあります。
副議長は、議長に事故があるとき(出張や病気など)又は欠けたとき(辞職など)に、議長の代わりを務める立場にあります。

議会事務局

村議会の運営をスムーズに進めるための補助機関です。
本会議や委員会運営に関する事務、議会活動に必要な調査、会議録の作成など村議会に関する事務を行っています。