村長あいさつ

住んでいて良かった 

これからも住みつづけたい 山添村へ

山添村長  森 中 利 也

 

この度、浅学非才な私が、山添村長選挙に際しまして、多くの皆さまからのご推挙、又、激励を賜り、我が身も顧みず立候補しましたところ、当選の栄に浴することができました。

これひとえに、皆さまのご支援の賜と深く感謝申し上げますとともに、責任の重大さを痛感し、身の引き締まる思いでございます。

今、山添村では「かすががーでん」や「ブックカフェひろせ」、「地域おこし協力隊」などを一例として山添村の付加価値を高め、将来の税収の増加に寄与する取り組みや交流、定住拡大に向けた取り組みなど、次世代の流れが始まったばかりであります。

色々な思いがありますが、私の一番の思いは、高齢者が自分らしく元気で安心して生活できる村づくり、安心して子どもを育てることができる村づくり、女性が活躍できる村づくりを進めるために、今後想定される人口減少、少子高齢化の影響に鑑み、本村の財政状況を充分に理解し、将来の財政運営に過度な負担を強いることが無いように注視しながら、地方創生(山添村まち・ひと・しごと創生総合戦略)の実現をしていくことであります。

地方創生を決して”絵に描いた餅”で終わらせることなく、最優先に取り組むとともに、その他の行政課題についても、住民に最も近い「むら」ならではの創意工夫を役場職員とともに凝らし、健全財政を保ちながら緊急性、優先度の高い施策から順次、的確に対応する村政の実現に努める覚悟です。

私は、山添村に生まれ、山添村に育ち、山添村の可能性を信じています。住民目線に立ち、村議会をはじめ村民皆さまの深いご理解とご指導、ご協力のもと『住んでいて良かった これからも住みつづけたい 山添村へ』を基本理念に、村政の推進に努めて参ります。

皆さまの温かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。